上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南畿南部警察署の広報団に配属された、二警のキムジュンスさん・・
週に2~3回は、ステージのお仕事があって、
都度、どなたかが映像を上げてくださって
ほんとに、感謝です

今日のお仕事の内容が記事になってて
光明警察署、2017緑オモニ会発足式開催

記事によると、警察所長さんや、小学校の校長さん、
緑のオモニ会のメンバの方々など470人が参加した・・・
って~~嬉しいですね
ジュンスはアイドルからデビューしてるから、
このような方々は生のステージの歌声を聞くことは、ほとんどなかったでしょう?
素晴らしい歌声に、きっと感動されたでしょうね~

警察の方の紹介も、ミュージカルの主演男優賞なども紹介くださって・・
ファンとしては、嬉しいな~~

偶然かもしれないけど・・・
地方の警察署を選択したジュンス・・・・
これも、良かったのではないかな~なんて思っています
たくさんの方々に知っていただきたいし、
ジュンスの歌声から感動をもらって欲しいな~^^


170418 김준수 - Loving you keeps me alive, 놈의 마음 속으로



170418 김준수 - Dangerous



スポンサーサイト

【2017/04/18 22:59】 | 兵役
トラックバック(0) |
4週間お疲れさまでした。

すこし痩せたみたい(TT)
緊張と体力の消耗を伴う訓練でしょうからね(TT)
擦り傷や、アザなどは数知れないだろうなぁ~もちろん、訓練生は皆さんそうでしょうけどね。
大きな怪我なく終えられて、ほんと良かったです。



同僚の方が、インスタにアップしてくださった写真ですが、同僚さん達に囲まれてるから、笑顔です~♪
ジュンスの事だから、訓練を離れると、笑顔が絶えなかったでしょうね


退所式前日には、皆の前で「愛は雪の花のように」と、「How can I love you」を歌ったとか、Twitter情報ですが、素敵な話なので、本当と信じて…
アカペラで、側で聞けるなんて、訓練のしんどさも癒されますよね♥

家族との、時間を過ごしてから、バスで義務警察の訓練所に移動されました。
場所は京畿道華城市の、京畿義務警察教育センターです。
思わず地図検索しちゃったわ(^_^)v

ジュンス~元気でね!

【2017/03/10 01:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
韓国の陸軍訓練所の写真のホームページらしいですが
読めないですTTTT

陸軍訓練所

ほんとに、こんな気持ちになるなんて
まだ6日目ですよね?

どうしてるのかな~?
元気かな~?風邪ひいてないかな~?
夜は寝れてるのかな~?
ごはんも食べれてるかな~?

なんて一日中考えていて・・・
入隊する直前まで 実感が無くて・・・

その後の様子が見れないことが・・・とっても寂しいですTTTT

ネット上を徘徊してて、こんな動画をみつけたから、

https://www.youtube.com/watch?v=_ak9WwsAnBo&list=PLMVkaEHUCNidJfBydBJme9YqRNdLAcQWS&index=1

食いいるように観て、
この動画は季節が良いけど
今は寒いから・・・屋外の訓練は寒いよな~TTTT

ってよけいに辛くなったりして・・・
ダメだ・・・シアロス・・結構きてる・・・


【2017/02/14 23:41】 | kim junsu
トラックバック(0) |
ジュンス、本日入隊されました・・・・

今日のジュンスのインスタグラム

約13年にわたる変わらぬ愛。
忘れられない思い出を本当にありがとうございました。
きちんとあいさつできず入隊することになりそうなので、
このような形ではありますが写真をアップします。
みんな元気で、また笑顔で会いましょう


C4MAyyGVUAAXLjZ.jpg

可愛い~~~♥

今まで、いろんな方が入隊されても・・・
正直、他人ごとでしたが・・・
やっぱり、ジュンスが入隊となると・・

たくさん・・たくさん・・・思い廻らしますね 

10代から、マネージャーや付き人?的な方々が
身の回りの お世話されてきたでしょ?
どうしても、世間一般の生活常識が 疎いところもあるでしょう?

まあ、同期となる、回りの男の子達も そうかもしれませんが・・
叔母の気分で、ちょっと心配・・・

ジュンスは新しい事への挑戦が好きだし・・・

シャイではあるけど、
知らないことや、わからないことをきちんと人に聞ける人だから・・・
軍のお仕事も含めて、たくさん学んで、
更に大きく成長されるんでしょうね・・・

それでも、無理して、頑張りすぎちゃう性格だから・・・
ドリアンの時も、膝を痛め、治療しながら演じていたと
終わってから、言ってたでしょ?

怪我をしないだろうか? 
体調を崩さないだろうか?

ほんと、それが心配ですね・・・
一番寒いこの時期に入隊・・・
元気で過ごして欲しいです・・・

C4NF99PVcAAXOTc.jpg

C4NKLTdVcAAm9_c.jpg

QK__GIKb.jpg

シギシギさんも、直前に一緒に側にいてて、
嬉しいな~~ジュンスのSPやもんね・・・


いってらっしゃい~~
もう、寝てるかな~サランへ ジュンス♥♥♥





【2017/02/09 22:51】 | kim junsu
トラックバック(0) |
元記事


82446012_2_99_20170119091705.jpg


○ミュージカル「デスノート」のレビュー

「ごほん、ほん。」

ミュージカルが始まる1〜2分前にあちこち咳の音が聞こえてくる。長年会場を通っているが、このような咳の音は、有毒な俳優が出演したときに見られる現象(?)もある。すぐに歌手でミュージカル俳優キム・ジュンスの会場である。

観客が公演開始前咳をすることは公演中、自分の咳で観覧が妨害されるかする「予防用」である。ひょっと公演を進行中の演技者に邪魔になるか、小さな思いやりといったところか。キム・ジュンス公演を見るたびに見つけることができる風景でもある。

これで、このような姿もしばらくはさよならになりそうだ。26日まで公演するミュージカル「デスノート」を最後にキム・ジュンスは、軍入隊をするからである。従ってそのようなのだろうか。会場の雰囲気が少し熱くなったようだ。

「デスノート」は、2003年に集英社「週刊少年ジャンプ」に連載された同名漫画を原作に作られた。偶然「デスノート」を拾って悪人を処断する天才大学生ライトとこれに対抗する名探偵エル(L)は、脳の戦いを繰り広げる内容である。

作品の開始は、学校での授業を受けるライト(ハンジサン分)は、「しっかりとした定義をしたい場合はしっかりとした指導者を見つける必要があり"と叫んで心配している。そうするうちに偶然に道に落ちているノートかを拾うされる。ノート先頭には、誰かの名前を書けば'40秒'のその人が心臓発作で死ぬと書かれている。ライトは好奇心三TVニュースに出てくる幼稚園誘拐犯の名前を書い40秒後、犯人が心臓発作で死亡したというニュースを聞くことになる。以後ライトは「デスノート」の主人である死神」リュク(ガンホンソク分)」をあっ「デスノート」を使用するという。そして、日本警察庁に勤務する父の名を利用して、警察庁のサイトに入って犯罪者の名前を使い、独自の定義を実現しようとする。

「デスノート」の前半部は、犯罪者を処断するライトの姿が主であり、エルは1幕ほぼ最後に登場し、存在感を誇る。無色の背景、2階の鉄製構造物、回転ステージなどの簡単な構造物のみが舞台の上にありますが、俳優たちのセリフ、ナンバーと動きが舞台をいっぱいに完成度を高めた。また、無機質な時計秒針の音とフランクワイルドホーンの音楽があって劇の緊張感を加えた。また、1幕では、ライトとエルが互いに会う部分がありませんが、同じナンバーを歌って対決構造を形成する。また、リンゴが好きで愛嬌もあるが、カリスマ性のある黒の死神リュクとアイドル歌手兼ライトのエイリアス「キラ」を愛するミサ(ベン分)を守ってくれる白い使者RAM(バクヒェや分)が公演の重量を調節してくれる。

82446019_2_99_20170119091705.jpg


エル姿を積極的に露出する第2幕では、前半とは異なり、ライトとエルの脳対決が繰り広げられてエキサイティングな展開を繰り広げる。ライトが犯罪者を殺した容疑者だと確信しているエルはライトと命をかけた対決をする。その中、お互いの本音を知るために行う「テニスの試合」は、最もダイナミックで二人の人物の葛藤を最もよく示してシーンでもある。テニスボールなしの音だけで緊張感が目立つ。「定義(正義)とは何ですか」と始めたこの作品は、間違って判断した定義が、最終的に虚しさだけが残る結論を下す。

前述したよう、鉄製構造物と回転ステージなど、ほぼ空の舞台の上を満たすことは俳優だ。「デスノート」は、レプリカ形式で公演されるので台本、音楽、俳優たちの動線などがほとんど似ていて、今年はリプレイので初演との大きな違いはない。再演公演では、「ライト」駅にあること像、ミサ役には歌手ベンが合流したという点が異なっていることぐらいだ。

初演に続いての天才探偵エル」役を引き受けたキム・ジュンスは、より強化された感情線で演技する。特有錐のような声でオタクキャラクター「エル」を消化した。作品を取るたびに注目されるのは、彼の髪の色。今年は、黒の頭で「エル・」を演じる原作キャラクターと最も類似した姿を見せてくれる。また、裸足で登場したり、などが前かがみにして歩み歩を歩くなどのキャラクター分析を完全に終えて舞台に上がった。

キム・ジュンスが「デスノート」を接する態度は格別だ。入隊前の最後の作品でも、彼の所属事務所の最初の制作作品であり、彼はワンキャスティングを初めて消化したからである。このような意味を抜いても、今回の舞台に立ったキム・ジュンスの姿は格別に見える。まるで今日が最後の舞台であるかのように熱演する姿が目を引いた。約2年間の空白の物足りなさを3週間の間公演で癒し表示する彼の心構えではないか。




【2017/01/23 01:17】 | kim junsu
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。